「学習システム」と「工事関連ソフト」で建設業で頑張る皆様を徹底サポート!

 
資格試験ソフトラインナップ
直近3ヶ月試験スケジュール
新型コロナウイスル感染予防対策のため中止または延期となる可能性がございます
………………………………
■5月のスケジュール
測量士/補申込期間(〜17)
1級造園申込期間(〜20)
1級管工事申込期間(〜20)
………………………………
■6月のスケジュール
2級土木前期(1次)試験(6)
2級造園前期(1次)試験(6)
2級管工事前期(1次)試験(6)

1級建築施工1次試験(13)
1級電気工事施工1次試験(13)
2級建築施工前期試験(13)
2級電気工事施工前期試験(13)
ビル管理士申込期間(〜15)
1級建設機械1次試験(20)
2級建設機械1次試験(20)
1・2級舗装施工試験(27)
………………………………
■7月のスケジュール
給水装置申込期間(〜2)
1級土木1次試験(4)
2級建築士学科試験(4)
1級建築士学科試験(11)
木造建築士学科試験(11)

1級管工事申込期間(〜20)
………………………………

試験スケジュール一覧

建設用語辞典
土木用語辞典
スマホ活用!
合格の声募集!
スタッフブログ

ヤフーショッピング

AMAZON

楽天市場

 

 
iPad iPhone iPod スマーフォン独学合格を本気で目指すなら
平成25年度試験に続々対応!
実地試験データ単品販売開始!
iPhone/iPad、スマホも活用!
各種工事管理ソフトも充実

 ■用意するもの
・各端末(iPad iPhone iPod Androidスマートフォン タブレットPC等)
・PC(上記端末と接続が可能なPC)
・接続用ケーブル

■準備1:端末側
まずは使用する端末にPDFビューワーソフトをインストールします。
・iOSの場合AppStoreよりダウンロード
・Androidのスマートフォン等はPlayストアよりダウンロード
※Adobe Reader等の無料のものが数多くあります。

■準備2:PC側
端末とPCを繋げるためにPC側に必要なソフトをインストールします。
・iOSとの接続の場合、
iTunesをダウンロードしインストールする。
・スマートフォンとの接続の場合特に必要ありません。

■接続
<Androidスマートフォンの場合>

・スマートフォンの場合、接続した時点でストレージ(フラッシュメモリ)として認識されるので任意の場所に試験データ(PDF)を保存すれば良い。
スマホ1
※画像はクリックで拡大します。



SDカード直下ではよろしくないので、「pdf」という新規ファイルを作成しその中に保存する。
スマホ2



・保存が終わったらPCとの接続を終了しインストールしたPDFビューワーソフトを立ち上げる。
スマホ3
Adobe Readerならば赤丸部分をタップすると保存されているPDFの一覧が表示されるので、その中から閲覧したいデータを選択すれば良い。


画像でわかるように「pdf」というフォルダーを作成してその中に保存したファイルがPDFビューワー上では「ドキュメント」という場所にあります。
PDFビューワーはpdfという拡張子を検索して表示するのでこのような表示になるのです。
スマホ4 


EXCELの表示例

PDFと同じようにエクセルファイルを閲覧できるソフトをインストールしてPCと接続し保存したデータを表示させています。
Play ストアでエクセルやワードで検索をかけると閲覧できるソフト一覧が表示されます。無料のものもありますので是非お試しください。
スマホ5

 

 

<iPad iPhone iPodの場合>
iPadを例に解説していきます。また、使用するソフトはAdobe Readerです。

まずはインストールしたAdobe Readerを開きます。
そして「ドキュメント」をタップ後右上の「編集」をタップ
iPad4 


次に赤丸で記した「フォルダ追加アイコン」をタップ
iPad5 

ここで任意のフォルダ名をつけます。
今回はわかりやすく「PDF」としました。
iPad6 


次にiTunesを開いてPCとiPadを接続します。接続には付属の充電器のコードを用います。
※iTunesはMacだけでなくWindowsPCでも使用できます。
画像の赤く囲ったデバイスのところがiPadを示しています。
iPad1


続いてデバイスのすぐ下にある「〜のiPad」をクリックします。
すると画像のようにiPadの情報が表示されます。右下の「同期」をまずはクリックしてPCとiPadを同期させます。
iPad2


続いて
1.一番上にある「App」(アプリケーション)をクリックし
画面を下にスクロールさせます。
2.Adobe Readerをクリックします。
3.先ほど作成した「PDF」というフォルダを選択します。
4.下にある「追加」をクリックし、閲覧したいデータ(PDF)を選択していきます。
iPad3


最後に「適用」または「同期」をクリックしてiPadにデータを同期させます。
iPad7


以上が終わりましたらiPadをPCから外し、Adobe Readerを開きます。
画像のように先ほど同期したデータが表示されていればOK
iPad8

 

という感じでPDFもエクセルファイルも携帯端末で表示させることが可能ですので、これを使わない手はありません。
通勤・通学中、ちょっとした休憩時間、いつでもどこでも試験勉強ができますので是非お試しください!

また、万一わからない場合には導入サポートも致しますのでお気軽にご連絡下さい(電話のみ)